家事代行が求められること

家事代行の仕事を行う上で大事なことは、お客様が求めている仕事の要望通りに行えているかということです。お客様の代わりに家事をするのですから、ある程度の家事経験や知識がなければなりません。また、料理や掃除など専業主婦が日常行っていることを他人の家で行うのですから、いい加減なことはできません。

依頼内容によっては、留守宅で家事をすることもあります。自分勝手な行動で仕事を進めてはいけませんし、無断で関係のない部屋に入ったり、物を使ったりしてはいけません。依頼された通りのことをするのは当然のことです。この仕事はお客様との信頼関係の上に成り立っているのですから、信用を損ねるようなことはしてはいけません。

次に、大事なことは気配りができるかということです。普段通りの仕事をやっていたのでは、普通の評価しかされません。料理の後片づけでは、使ったものはきちんと整理され流し台は綺麗に拭き掃除してあるとか、掃除では、気の付かないところまで隅々を綺麗にするなど、些細なところまで気配りができるかということがお客様から求められることではないでしょうか。家事はいつもやっていることだからと思わずに、いつも以上に丁寧な家事を行いましょう。